馬鹿は本当によく笑う、本当の馬鹿は笑わない

f:id:almastkh:20200601173619p:image

 

昨日と今日で沢山のお知らせをした。

この2つのお知らせはずっとずっとレーベル一同 頭を悩ませ生み出したものだ。

 

みんな 喜んでくれただろうか。

どんな感情を抱いただろうか。

 

ぼくらはぼくらの踊り方で踊るしかしらない。

ぼくらはぼくらがカッコイイと感じたことしかやらない。

 

そりゃ音楽はビジネスになるひとつの媒体だし

金儲けのルートにしようと思えばいくらでもできる。

 

出来るんだけど。

 

ぼくらがカッコイイと思わないものに嘘をついてカッコイイというのは絶対に嫌だから

そんな感じでこれからも歩いていけたらいいかなって今は思う。

 

ライブハウスが今、沢山沢山終わりを告げている。

ぼくらの遊び場がどんどん無くなっている。

なんの縁もゆかりも無いライブハウスや懐かしいライブハウス、行きたかったライブハウス。

 

そのどれもがぼくらが過ごした時間であり、

これから過ごすはずだった時間だ。

 

緊急事態宣言は"国"だけじゃなく

ライブハウスだって緊急事態だった。

 

だから、ぼくらはライブハウス(轟音部屋)緊急事態宣言と題して無観客でライブをすることにした。

ライブハウスを助けたいなんておこがましい。

そんな上から言える立場じゃない。

 

ぼくらはただ遊び場をこれ以上減らしたくないだけ。

無観客で無料でライブも勿論出来るんだけど、

ライブハウスを無くしたくないという気持ちで今回は有料で配信をすることにしました。

まだまだ誰もしらないぼくら。お客さんが何人このチケットを買ってくれるかなんて正直わからないし、めちゃくちゃ怖くもある。

 

「アルマが死んだ はライブ有料なんだー。他のバンドは無料なのに?金とるんだー。」って思う人もマジで居ると思う。

この有料、無料問題。

 

だけど、ちょっと待ってください。

あなたが好きなバンド、アーティストはライブハウスで息をしていませんか。

そのライブハウスが無くなれば あなたの愛したアーティストは息苦しくなりませんか。

 

無料で音楽が聞けて、無料でライブが見れて

自分の感性だけが磨かれて アーティストはライブハウスは断腸の思いで消えていく。

そんな世の中 もう終わりにしませんか。

 

無料に越したことはないけど

ぼくらはそれに"価値"をつけました。

ぼくらのその"価値"に不満があればそれは仕方ないことだと思うけれど

その"価値"にもし共感してくださるのであれば

ライブハウスを一緒に守ってくれませんか。

 

今回は湘南bitさんという神奈川にあるライブハウスにお世話になります。

ぼくらの考えに賛同してくださり、共犯してくれる"仲間"であります。

 

しかも対バン制。

シンガーソングライターやカッコイイバンド、仲がいいイカしたバンドなんかが出ます。

彼ら彼女たちもまたぼくらの"仲間"であり共犯者であります。

 

あとはあなた。あなたも一緒に共犯しませんか。

チケットを買わないと見れない密を避けた密で

いわば あなたの為だけにぼくらはライブをします。

 

それがライブハウスを守れる唯一の手段だから。

 

あなたにライブをすることが

ライブハウスを守れる手段なのです。

 

2020.07.28

湘南bit あなたのスマホ、パソコンの中で

あなたを待つ。